Unityのインストール(2019.4.11f1)

Unityのインストールから動作確認の手順を紹介します。

インストールに先立って

以下のものが必要です。ご確認ください。

インストールするもの

以下をインストールします。

  • Unity Hub
  • Unity2019.4.11f1

Windows10での操作を示します。macでも流れは同じですが、OSに関連する操作は各OSに合わせて読み替えてください。

Unity Hubのインストール

Unity Hubというツールをインストールします。Unityのインストールやプロジェクトを作成するためのツールです。

  • EdgeなどのWebブラウザーを起動して https://unity3d.com/jp/get-unity/download を開きます
  • Unityからの情報は保存しておいて問題ないのですべてのCookieを受け入れるをクリックします(表示されてなければ何もしなくてOK)

すべてのCookieを受け入れる

  • Unity Hubをダウンロードをクリックします

Unity Hubをダウンロード

  • ファイルを開くをクリックします(ブラウザが違う場合は、ダウンロード後にファイルをクリックして実行などそのブラウザで同様の操作をしてください)

ファイルを開く

  • 変更の許可や管理者権限などがあったらパスワードを入力などして進めます

変更を加える

  • 規約が表示されるので、確認したら同意するをクリックしてください

  • インストールボタンをクリックします。PCの扱いに慣れていない場合は、インストール先は変更しないでください。

インストール

インストールは比較的すぐに終わると思います。動きがない場合、タスクバーを見ると警告が表示されている可能性があります(下の画像の1)。その場合はそのタスクをクリックすると、以下のようにファイアウォールでのブロックというダイアログが表示されるので、アクセスを許可してください。

  • 完了ボタンでUnity Hubを起動します

完了

  • セキュリティの警告が表示されたらアクセスを許可するをクリックします

アクセス許可

以上で完了です。Unity Hubが起動します。これ以降は、スタートメニューからUnity Hubを選択するか、デスクトップのUnity Hubをダブルクリックすれば起動します。

ライセンスを管理

はじめてUnityを利用する時はUnity IDでログインしてライセンスを設定する必要があります。

  • 右上のアカウントアイコンをクリックしてサインインをクリックします。

サインイン

  • すべてのCookieを受け入れるをクリックします

すべてのCookieを受け入れる

  • すでにUnity IDを登録済みならメールアドレスとパスワードを入力してサインインします。まだの場合はGoogleアカウントでサインインするとよいでしょう

アカウント作成

  • パスワードを入力してGoogleにサインインしたら許可ボタンをクリックして unity.com からのリクエストを許可します

許可

  • 利用規約とプライバシーポリシーを確認したら、チェックを入れて、続行ボタンをクリックします

利用規約の確認

  • 新規ライセンスの認証ボタンをクリックします

新規ライセンス

  • Unity Personalを選択します。理由はどちらでも構いません。選択したら実行ボタンをクリックします

ライセンスの選択

  • しばらく待つとライセンスが設定されます。環境設定から戻ります

戻る

以上で利用準備完了です。Unityのインストールをはじめます。

Unityのインストール

 Unity2019.4.11f1をインストールする手順を示します(どのバージョンでもよい場合は推奨のものを選択するのがよいでしょう)。

  • 左のメニューからインストールをクリックして、右上のインストールボタンをクリックします

インストール

  • ダウンロードアーカイブをクリックします

ダウンロードアーカイブ

  • ブラウザーが開いてダウンロードアーカイブページが開いたらUnity 2019.xをクリックします

バージョンの指定

  • ダウンロードしたいバージョンを探してUnity Hubボタンをクリックします

Unity Hubでインストール

  • 開くをクリックします

開く

  • しばらく待つとUnity Hubに切り替わって、インストールするモジュールの選択画面が表示されます。以下を追加しておくとよいでしょう
    • Microsoft Visual Studio Community 2019
      • プログラムコードを入力するエディターです。利用するのでチェックしてください
    • WebGL Build Support
      • 1週間ゲームジャムに参加したりするのに使えるので入れておくとよいでしょう
    • Documentation
      • 常にインターネットが利用できる環境であれば不要なのでチェックを外します
  • 以上設定したらINSTALLをクリックします

モジュールの選択

  • デバイスに変更を加えるのではいをクリックします

変更を加える

インストールが完了するのを待ちます。

試運転

インストールしたUnityを起動して、動くか確認してみましょう。

チュートリアルプロジェクトを動かしてみる

テンプレートプロジェクトを動かして動作確認をしましょう。

  • プロジェクトをクリックして、新規作成をクリックします

プロジェクト作成

  • しばらく待って、テンプレートが読み込まれたらスクロールさせて、適当なプロジェクトをクリックしてダウンロードします。Karting Microgameが小さめで試しやすいです

テンプレート選択

  • ダウンロードが完了したらインストールします

テンプレートをインストール

  • 適当な場所プロジェクト名を設定して作成をクリックします。プロジェクト名やフォルダー名に日本語や全角が混ざらないようにしてください

プロジェクト作成

  • Explorer the projectをクリックするとすぐに動作を確認できます。Start tutoarialでチュートリアルを始めることもできます

プロジェクトを見る

  • 三角のアイコンでプロジェクトを開始します。もう一度同じボタンを押すと停止できます

プロジェクト開始

終わりに

以上でUnityのインストールと動作確認完了です。無事にチュートリアルゲームが動けばUnityを使うことができます!他のチュートリアルも似たような手順で動かすことができるので、色々と動かしてみてください。

Print Friendly, PDF & Email

2 thoughts on “Unityのインストール(2019.4.11f1)

  1. とてもとても参考になりました。
    ありがとうございます!!
    またこの先困って、他の記事も見させていただくとおもいますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA