Unityのインストール

Pocket
LINEで送る

Unityが動作しそうなPCが手元に届いたらインストールをして、ライセンスを通して使ってみましょう。手順をご紹介します。

インストールに先立って

以下のものが必要です。ご確認ください。

インストールするもの

以下をインストールします。Chromeはなくてもいいのですが、Windowsとmacのどちらでも使えるし、よいブラウザーなので入れました。

  • Google Chrome
  • Unity Hub
  • Unity2017.3+Mono Develop

ここでは、Windows10でのインストール手順を示します。macや他のWindowsでも流れは同じですが、OSに関連する操作は各OSに合わせて読み替えてください。

Google Chromeのインストール

Windowsでもmacでもどちらでも利用できる省メモリーなWebブラウザーということで、Google Chromeをインストールしておきます。必須ではないので、他のブラウザーが良ければ次のUnity Hubのインストールに進んでください。

  • Chromeをダウンロードボタンをクリックします

  • 規約を確認したら、同意してインストールボタンをクリックします

  • 実行ボタンをクリックします(違うメニューだった場合、開くなど、とにかく動かすやつを選んでください)

  • アプリがデバイスに変更を加えられるようにはいをクリックします

しばらく待っていると、ダウンロードとインストールが完了して、自動的にGoogle Chromeが起動します。

タスクバーに表示されているChromeのアイコンを右クリックして、タスクバーにピン止めするを選択しておくと、今後便利です。

Unity Hubのインストール

Unity Hubというツールをインストールします。まだ開発中のものですが、Unityのインストールを楽にするツールで、現時点でも便利なので利用しましょう!

  • Chromeで https://forum.unity.com を開きます
  • Betas & Experimental Features欄の下の小さい文字からUnity Hubをクリックします

  • Unity Hub Preview x.xx.x is now availableというようなTitleを探してクリックします(x.xx.xの部分の数字はその時々の最新版なので変わります)

  • 利用したいOSをクリックしてダウンロードします

  • ダウンロードが完了したら、UnityHubSetup.exeをクリックします

  • はいを選んで、インストールします

  • 規約が表示されるので、確認したら同意するをクリックしてください

インストールは比較的すぐに終わると思います。動きがない場合、タスクバーを見ると警告が表示されている可能性があります(下の画像の1)。その場合はそのタスクをクリックすると、以下のようにファイアウォールでのブロックというダイアログが表示されるので、アクセスを許可してください。

Unity Hubのインストールが完了しても、特に何も出てきたりしませんので、自分で起動します。

Unityのインストール

それではUnity Hubを使って、Unityをインストールします。Chromeは閉じて構いません。

  • デスクトップにUnity Hubのアイコンが出来ているので、ダブルクリックして起動します

Unity IDの作成

Unityを利用するには、Unity IDが必要です。作成したことがなければ、以下の要領で作成しましょう。一度作成したことがあれば、Sign inをクリックしてサインインして先に進んでください。あるいは、GoogleアカウントかFacebookアカウントを持っていたら、それらを利用することもできます。

  • 各欄を以下の要領で入力します
    • Email: あなたのメールアドレス
    • Password: 8文字以上で、1文字以上の大文字1文字以上の小文字1文字以上の数字を組み合わせたパスワードを半角英数で入力
      • このパスワードは忘れないようにスマホの住所録に保存したり、紙に書いて財布に入れるなどしておくとよいです
    • Username: ログイン時に利用する半角英数の文字列です。すでに使われている文字列は利用できないので、名前やハンドル名がそのまま使えない場合は、生年月日や住んでいる町名などを組み合わせるとよいでしょう
    • Full Name: サイトに表示される氏名です。半角英数で、名前と苗字をスペース区切りで入力すればよいでしょう
    • I agree to the …: 規約とプライバシーポリシーを確認してチェックを入れます

  • 以上入力したら、Create a Unity IDをクリックします
  • 以下の画面が表示されたら、登録したメールを確認してください。しばらくすると、Unityからメールが届くはずです

  • Unity Technologies <accounts@unity3d.com>から、以下のような文面のメールが届きますので、確定するためにリンクをクリックします

メールが届かない場合…

  • 1分ほど待ってもメールが届かない場合は、迷惑メールになっているかも知れません。迷惑メールフォルダーを確認してください。スマートフォンなどの場合は着信拒否の可能性があります。unity3d.comからのメールを受信できる設定にして、以下のRe-send confirmation emailのリンクをクリックして確認メールを再送してください

メールが届いたら…

  • 届いたメールのリンクをクリックすると、以下のようなWebページが開くので、リンクをクリックしてください

  • 以下の画面が表示されれば登録完了です!ここでログインする必要はないので、Webブラウザーは閉じて結構です

  • Unity Hubに戻って、Continueのボタンをクリックします

Unityのアンケートに答える

新しいPCにUnityをインストールする時など、最初の利用時に利用したいライセンスと、利用者についてのアンケートがありますが、全て英語です。以下で解説しているので完了させてから戻ってきてください。

 

アンケートが完了して、以下の画面が表示されたら、Install Nowをクリックします。

Unityのインストール

インストールできるUnityのバージョンが一覧表示されるので、使いたいバージョンをDownloadします。通常は、一番上の最新版を選びます。

左からBeta Releaseを選択すると、ベータ版と呼ばれる開発中のものを利用することもできます。バグなどがあり、操作方法などが変更される可能性がある状態のものですが、最新の機能が使えます。ある程度Unityが使えるようになったらインストールして、最新技術に触れておくことをおススメします。
  • インストールする内容を決めます。後で追加することは可能なのですが、一度選択すると削除ができません。最小限の構成を紹介します
    • MonoDevelop / Unity Debugger: プログラムコードを入力するエディターです。利用するのでチェックしてください
    • Documentation: ドキュメントです。常にインターネットが利用できる環境であればチェック不要です
    • Standard Assets: 試作時に有用なデータセットなのでチェックしてください
    • Example Project: サンプルです。必要になったら入れればよいのでチェック不要です

  • Platforms以下は、とりあえずWebGL Build Supportだけでよいでしょう

  • 以上選択が完了したら、一番下のDoneボタンをクリックします

  • アプリにデバイスの変更を許可してください

インストールしたバージョンのところがになったら完了です。

スマホアプリが作りたいんだけど…

Androidの場合はSDKやJDKのインストール。iPhoneの場合はmacが必要になるため、ここでは除外しました。個別に設定方法をまとめたいと思います。

試運転

インストールしたUnityを起動して、動くか確認してみましょう。

Unity Hubを閉じる

プロジェクトはUnity Hubからでも作れますが、メインメモリーが少ないPCでは少しでも使用メモリーを減らしたいです。ということで、Unity Hubは閉じてしまいましょう。

  • xをクリックして、Unity Hubのウィンドウを閉じます

  • タスクバーの^をクリックして、Unityアイコン右クリックして、Quit Unity Hubをクリックして、常駐プログラムも終了します

Unityの起動

デスクトップにあるUnity 201x.xというアイコンをダブルクリックして起動します。Unity Hubの方ではないのでご注意を。

  • Unity IDのメールアドレスパスワードを入力して、Sign inします

チュートリアルプロジェクトを動かしてみる

Unity 2017.3では、チュートリアルのプロジェクトがダウンロードできます。これを動かして動作確認としましょう。

  • Learnをクリックして、左からTutorial Projectsをクリックします

6つほど完成プロジェクトが用意されています。どれでも構いませんが、ここでは簡単なものということで一番下の2D Roguelikeを動かしてみます。

  • 2D Roguelikeの右のDownloadボタンをクリックします

  • ダウンロードが完了したらStartボタンに変わるので、クリックします

Unityが閉じますが、そのまま待っていてください。しばらくすると読み込みを開始して、準備が完了したらUnityエディターが起動します。

完成版を動かしてみます。

  • 下のAssetsと書かれた欄にある_Complete…というフォルダーをダブルクリックして開きます

  • フォルダーが開くと、中に_Compete…というファイルがあるので、ダブルクリックします

今開いたファイルをシーンファイルと呼び、ゲームの1場面をまとめたものです。Hierarchyビューと呼ばれるウィンドウにゲームオブジェクトと呼ばれるゲームの構成物が表示されました。

ゲームを実行する

これでゲームを遊ぶことができます。上部の実行ボタンをクリックしてください。

しばらく待つとゲームが開始して、BGMが流れ始めます。

矢印キーか、WASDキーでおっさんを上下左右に移動できます。アイテムを拾ったり、敵と戦ったりしながら、EXITを目指します。

キーを操作しても動かない場合は、画面をクリックしてください。フォーカスがGameビューにないと動きません。

ゲームを停止する

一通り動くことを確認したら、実行ボタン()をもう一度押して、ゲームを停止してください。

Unityの実行と停止は同じボタンです。

Unityを閉じる時は、ウィンドウ右上のXをクリックします。以下のようなダイアログが表示されたら、今回は特に保存する必要はないので、Forgetをクリックしてください。

終わりに

以上でUnityのインストールと動作確認完了です。無事にチュートリアルゲームが動けば、Unityを使うことができます!

他のチュートリアルも似たような手順で動かすことができるので、色々と動かしてみてください。

引き続き、簡単なプロジェクトを作るチュートリアルを用意しています。この作業の仕上げに試してみてください。

参考URL

今回インストールしたUnity Hubについて以下のような記事がありますので、活用してみてください。

 

Print Friendly, PDF & Email
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です