GDPR Privacy

English

Last updated: November 05, 2021

GDPRに基づく個人データ処理の法的根拠

当社は、以下の条件で個人データを処理することがあります。

  • Consent: 1つ、または複数の特定の目的のために個人データを処理するためにはお客様の同意を必要とします。
  • Performance of a contract: 個人情報の提供は、お客様との契約の履行および/または契約前の義務の履行に必要です。
  • Legal obligations: 個人データの処理は、当社が従うべき法的義務の遵守のために必要です。
  • Vital interests: お客様または他の自然人の重大な利益を守るために、個人データの処理が必要です。
  • Public interests: 個人データの処理は、公共の利益のため、または当社に与えられた公権力の行使のために実施される業務に関連するものです。
  • Legitimate interests: 個人データの処理は、当社が追求する正当な利益の目的のために必要です。

いずれの場合も、当社は、処理に適用される特定の法的根拠、特に個人データの提供が法令上または契約上の要件であるかどうか、または契約を締結するために必要な要件であるかどうかを明確にするために、喜んで協力します。

GDPRに基づくお客様の権利

当社は、お客様の個人情報の機密性を尊重し、お客様が権利を行使できることを保証します。

お客様は、本プライバシーポリシーに基づき、また、お客様がEU圏内にいる場合は法律に基づき、以下の権利を有します。

  • お客様の個人データへのアクセス: お客様に関する情報にアクセスし、更新または削除する権利。可能な限り、お客様は、お客様のアカウント設定セクションで、お客様の個人データに直接アクセスし、更新または削除を要求することができます。お客様ご自身でこれらの操作を行うことができない場合は、当社にご連絡ください。これにより、お客様は当社が保有するお客様の個人データのコピーを受け取ることもできます。
  • お客様について当社が保有している個人データの修正の要求: お客様は、当社が保有するお客様の不完全または不正確な情報の訂正を求める権利を有します。
  • お客様の個人データの処理に対する異議申し立て: この権利は、当社の処理の法的根拠として当社が正当な利益に依拠しており、お客様の特定の状況について、この根拠に基づく当社によるお客様の個人データの処理に異議を唱えたい場合に存在します。また、お客様は、当社がダイレクトマーケティングを目的としてお客様の個人データを処理する場合にも、異議を唱える権利を有します。
  • お客様の個人情報の削除の要求: お客様は、当社が個人データの処理を継続する正当な理由がない場合、当社に対して個人データの削除または除去を求める権利を有します。
  • お客様の個人データの移転要求: 当社は、構造化され、一般的に使用され、機械で読み取り可能な形式で、お客様またはお客様が選択した第三者にお客様の個人データを提供します。この権利は、お客様が最初に当社の使用に同意した自動化された情報、または当社がお客様との契約を履行するために情報を使用した場合にのみ適用されますのでご注意ください。
  • 承諾の撤回: お客様は、ご自身の個人データの使用に関する同意を撤回する権利を有します。お客様が同意を撤回した場合、当社は、お客様に本サービスの特定の機能へのアクセスを提供できなくなる可能性があります。

お客様のGDPRデータ保護権の行使について

お客様は、当社のプライバシーポリシーのページに記載されているEmailアドレスへ連絡することにより、アクセス、修正、取り消し、および反対の権利を行使することができます。このような要求に対応する前に、お客様の身元確認をお願いすることがありますのでご了承ください。お客様が要求された場合、当社はできるだけ早くお客様に回答するよう努めます。

お客様は、当社によるお客様の個人データの収集および使用について、データ保護機関に苦情を申し立てる権利があります。詳細については、お客様が欧州経済地域(EEA)にお住まいの場合、EEAの地域のデータ保護当局にお問い合わせください。

プライバシーポリシーページへ

Print Friendly, PDF & Email